カメラ機能

今はスマートフォンをメールと通話のみで使用している人の方が少なくなりました。カメラ機能もスマートフォンとしては必須の機能です。以前はスマートフォンや携帯電話のカメラの画質には期待できないものがありましたが、最近はカメラ機能も進化し、デジカメと同程度の性能を持っているスマートフォンもあります。

iPhoneはカメラ機能も人気です。カメラ機能は初代のiPhoneから搭載されていますが、当時は画質も通常の携帯電話と変わらないものでした。背面カメラもないため自撮りができず、カメラ機能としての性能は良いものではありませんでした。iPhone3GSからは動画撮影が可能になり、iPhone4からは背面カメラも搭載されました。しかし背面カメラは正面カメラよりも画素数が低く、今のように自撮りを楽しめるものではありませんでした。

カメラ機能に大きな進化が見られたのはiPhone5からで、画素数も大きく上がりました。iPhone6以降は1000万画素を超えるカメラが搭載され、手振れ補正機能によりスマートフォンでの写真撮影が一般化されます。以降もiPhoneのカメラ機能は進化を続け、iPhoneXでは手振れ補正機能はもちろん、セルフポートレートを3Dアニメに変換して楽しむ機能など、遊び心のある機能も搭載されました。