認証機能

セキュリティ対策として認証機能を持つスマートフォンも増えてきました。認証機能として多いのは暗証番号入力やスワイプパターンによるものですが、それは番号やパターンを覚えれば他人でも操作ができます。セキュリティ効果の高い認証は指紋認証です。iPhoneの中には指紋認証に対応している機種もあります。仕事上セキュリティを強化したい場合に指紋認証は役に立つでしょう。

指紋認証を初めて搭載したのはiPhone5sです。iPhone5のsはセキュリティのsと言われています。外見は前機種のiPhone5と変わらないのですが中身は大幅に進化しており、指紋認証以外にも処理能力の向上によりスムーズな操作が実現するなど、ファンから高評価を得ている端末です。指紋認証機能は以降のiPhoneにも引き継がれ、iPhoneの認証と言えば指紋認証という印象を与えてきました。

しかしiPhoneXでは指紋認証機能が撤廃されます。iPhoneXで代わりに導入されたのは顔認証システムです。指紋と同じように今度は自分の顔を登録しておく事で、画面を注視するだけでロックが解除できるシステムです。従来のパスコードや指紋認証よりも更に簡単にロック解除が可能になり、セキュリティ強化と使いやすさを両立させています。